日本のパチンコ・パチスロはギャンブルであります。

日本のギャンブル代表【パチンコ】

カジノを中核とする『統合型リゾート(IR)』の設置に向けた動きが加速しているらしい。

2016年12月に成立した「IR推進法」に続き、IRの数などを定める「IR実施法案」が今国会に提出されるという。


遂に日本版カジノが誕生する!


●「カジノをつくれば外国人観光客が押し寄せ、景気が大幅に改善する」
●「カジノの収入は年1.5兆円。経済効果は7兆円以上」


カジノ解禁の是非が議論になっていた頃、推進派はそんな主張をメディアで展開した。


安倍政権にとってもカジノは「成長戦略」の1つという位置づけだ。


●2013年3月8日の衆議院予算委員会
シンガポール、あるいはマカオがカジノによって世界からたくさんの人を呼び込むことに成功している。
私自身は(カジノ解禁は)かなりのメリットがあると思っている。


安倍晋三首相もそう述べ、カジノ解禁を主導した。


だが、世論には今もカジノに反対する意見が多い。

共同通信』が今年3月3-4日に行なった世論調査では、

賛成26.6パーセントに対し、
反対は65.1パーセントに上っている。


カジノ反対派は決まって、「ギャンブル依存症の増加」という問題を持ち出すが、カジノがなくても、日本にはパチンコを始めとしてギャンブルはいくらでもある。